アニメ猫のアニメ日記

アニメに関しての情報を書き連ねていきます。

大正オトメ御伽話が楽しくて感動する恋愛のお話なのでご紹介


f:id:bdek3712:20211231172544j:plain

あんまり注目度はまだ、高くないがぜひ視聴して欲しい作品なので紹介する。

基本情報

TVアニメ「大正オトメ御伽話」公式サイト

大正処女御伽話 - Wikipedia

原作はジャンプスクエアに連載されたマンガ。

あらすじ

自動車事故により母親を失い、自らも右手に障害を負ったことで、父親から役立たたずと見なされたため、療養と称して千葉にある別荘に押し込められてしまう主人公の珠彦。不自由な右手と父親から見限られたことでこの世をはかなみ、自らを厭世家と称して落ち込んだ日々を送っていた所へ、突然、お嫁さんになるためにきた少女・夕月が現れたことで、珠彦の生活は一変する。

当初は、夕月が来ても落ち込んだままだった珠彦も、夕月の天真爛漫な性格によって徐々に心を開き、やがて前向きになっていく。そして二人は恋に落ちるのだった。

夕月の明るい性格は、珠彦だけではなく妹の珠子や、村の娘の綾などの心も明るくしていく。人々に囲まれながら、弓月は暗かった珠彦の心を癒し、生きる希望を与えていくのだった。

基本的に、ユヅ(夕月)が妹の珠子や、村娘の綾などのキャラがユヅに最後はデレて落されるのが流れといえば流れ。

アニメランキング的には放映最初はあまり上位に入ってこなかったが、徐々に人気が出てきた。内容的にみると視聴して損はない作品といえるのでお勧めである。

止め絵が多いがキレイに描かれていた

作画についていうと、キャラデザが比較的簡単なので、最初は敬遠されがちみたいだが、ギャグなどもしっかりしていて視聴できる。

また動画枚数が少なく、キャラの動きはある程度必要なところに限って動かしていた。そのかわりになのか、背景にはきれいな模様やデザインを多用していた。このことから予算的には限られている作品と推測されるが、それでも演出やセリフ、背景やギャグ絵などでがんばって作っている。総合的にみて丁寧な作りだといえる。

着物デザインの担当のスタッフがいて、女性の着物のガラは美しく描かれている。

f:id:bdek3712:20211231172630j:plain

着物のガラがきれい

脚本・ストーリー構成は

原作との違いについてみると、尺の都合から細かいエピソードはカットされている部分が多かった。たとえば、綾の弟が東京で関東大震災に被災したが、綾との再会シーンは描かれなかったりした。また、ストーリー的に原作から順序の入れ替えや、アニメオリジナルで、原作を補っている部分もところどころみられた。これらも総合的にみて、脚本・ストーリー構成は良く練ったもので、お話は1クール12話にきれいにまとめられていた。

この作品には名言がたくさんあった。セリフでみせる作品かも

(実の父親からお前は死んだことにしたといわれて)

ユヅ「口にするだけで泣きたくなるくらいつらい言葉なら、言ってはいけません!ひどい事を言われて、ただでさえ傷ついたのに、何故ご自分で傷を増やすのですか!我慢しないで楽になってください」

 

ユヅ「だって前向きに考えた方が心が楽ですもの」

珠彦「ユヅの言葉はたまに真理を突いてくる」

 

珠彦「本当に、今この瞬間の世界そのものが、御伽話のようだ」

 

珠彦「おめでとう、、、生まれて初めて言われたその言葉に、なぜか昔の自分まで救われたような気がした」

 

ユヅのお母さん「ユヅ、私は世界で一番あなたに幸せになってもらいたくて、あなたを産んだの。だからこの先、どんな時も、幸せの方を向いていてね」

 

ユヅ「正直に言います。私、珠彦様に恋をしております。初恋です!」

 

珠彦「すごいよな、人はどんなに絶望に叩きつけられても、誰かが支えてくれたなら、また立ち上がることができるんだね」

これは少女マンガなのか?

掲載誌はジャンプスクエアで、一応これは少年誌。続編の「昭和オトメ御伽話」はWebのジャンプ+に連載された。しかし、原作者の桐丘さなは女性だし、内容的にはベタベタの恋愛物である。ラブコメかというと、コミカル要素は薄いので、ラブコメというよりは恋愛物という分類でいいだろう。なので、少女マンガの現代版、ただし舞台が大正時代ということになるか。

音楽、オープニングテーマ曲は

オープニングテーマ曲はGARNiDELiA(ガルニデリア)の「オトメの心得」。明るく元気が出るような楽曲で、聴いていると楽しくなれる曲である。GARNiDELiA魔法科高校の劣等生 第2OPの「grilletto」を担当したユニット。

エンディングテーマ曲は土岐隼一の「真心に奏」。これも明くて良い曲だ。

第2期の製作はありそう?

原作マンガは全5巻で、今回の第1期ではおおよそ第1巻から第4巻ぐらいまでの内容をアニメ化したので、原作はほぼ使い切ったと言える状態である。このままでは第2期を作るための原作がないが、しかし、原作マンガの続編である「昭和オトメ御伽話」がある。こちらをアニメ化することは可能だろう。内容的には、少し時代が下って昭和の時代になり、珠彦とユヅは平和に夫婦として暮らしているものの、主人公ではなく、別のカップルの恋愛を描いている。

関連記事

あなたを癒すお嫁さんアニメ傑作選 - アニメ猫のアニメ日記

広告a