アニメ日記

アニメのおもしろさをデータで分析、おもしろくないアニメがどこかを分析して二度楽しむ 単純な感想だけじゃない視点を目指します。基本ネタバレサイトです ツイッター: @kekotaro1

ちょっと気になるアクション映像

http://sakuhindb.com/pj/bit/20150624.html#7_2015_2F06_2F25_2021_3A46_3A44 

ここで教えてもらった映像集について調べてみる。

 

Armored Core for Answer」(2008) 

これはアーマード・コア・フォーアンサーというゲームのオープニング映像

アーマード・コア フォーアンサー - Wikipedia

Armored Core for Answer オープニングムービー - YouTube 

オープニング映像の完全版もメカがすごい。

ARMORED CORE for Answer PV完全版 - YouTube

しかし、本作はゲーム用映像なので、このPVをどこのスタジオが作ったかよくわからない。

FREEDOM-PROJECT (2007)

FREEDOM-PROJECT - Wikipedia

http://freedom-project.jp/

監督 森田修平
シリーズ構成 佐藤大千葉克彦
キャラクターデザイン 大友克洋、桟敷大祐、入江篤
メカニックデザイン 大友克洋、末武康光
アニメーション制作 サンライズ

日清食品とコラボのCMとして制作された フリーダム、なつかしいなあ。

人物の動きがカクカクしてたのを覚えている。あの頃に比べてずいぶんCGもよくなった。

マクロスゼロ」(2002)

マクロス ゼロ - Wikipedia

原作 河森正治
監督 河森正治
キャラクターデザイン 齋籐卓也
メカニックデザイン 石垣純哉宮武一貴河森正治
アニメーション制作 サテライト

本作はマクロスシリーズでは初めて全面的に3DCGを導入した。

本シリーズの代名詞である「板野サーカス」をCGで再現するため、板野一郎自身が特技監督としてモーション監修を行い、3DCGでは軽く見えがちなメカアクションの演出を指導した。戦闘機の3DCGは、アニメーションがキーフレーム間を自動補間するのではなく、通常のアニメと同じように全てのモーションを手打するという手法をとっている。

メカというよりはミサイルなどの「動き」がダイナミックに表現されている所がみどころか

RWBY (2013)

RWBY "Black" Trailer - YouTube

RWBYとは (ルビーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

制作スタジオ Rooster Teeth Productions, LLC

Rooster Teeth - Wikipedia, the free encyclopedia 

RWBYのメインアニメーター、モンディオウム氏が2015年2月1日に死去していた

【訃報】3DCGウェブアニメ「RWBY」のトップクリエイター、モンティ・オウム氏が死去 - GIGAZINE 

このCGもまだ人物の動きが少しカクカクしている時もあるかな。だいたいなめらかに動いているようだけど。

シドニアの騎士 (2014-)

「劇場版 シドニアの騎士」本編映像 「継衛」出撃シーン独占公開 #KNIGHTS OF SIDONIA #Japanese Anime - YouTube

シドニアの騎士 - Wikipedia 

原作 弐瓶勉
監督 静野孔文(第1期)
瀬下寛之(第2期)
シリーズ構成 村井さだゆき
キャラクターデザイン 森山佑樹
音楽 朝倉紀行
アニメーション制作 ポリゴン・ピクチュアズ

アニメ制作の

ポリゴン・ピクチュアズ - Wikipedia 

はマレーシアの会社と合弁して作っているのね。

人物の動きは第一期では少しカクカクしていた印象で、人物の表情が固かったが、第二期になって、動きはなめらかに表情はかなりがんばって豊かに描いていると思う。

 

上のどの映像が優れているとか順番を付けるのは難しい。ストーリー的にはシドニアが気に入っているかな。

ここでメカについて比較するのは、フェアではないな。CM用とゲーム用ではまるで製作期間も費用も違う。TVアニメと比較なんてできない。