アニメ日記

アニメのおもしろさをデータで分析、おもしろくないアニメがどこかを分析して二度楽しむ 単純な感想だけじゃない視点を目指します。基本ネタバレサイトです ツイッター: @kekotaro1

攻殻機動隊 ARISE について

攻殻機動隊 ARISEについて。攻殻はそんなにくわしくないんだけど、映画は見たかな?

今季のARISEは以前のバージョンと声優がみんな変わっちゃうし、草薙素子のキャラデザが変わっちゃて違和感あるね。

攻殻にはいろいろなバージョンがあって監督も数人いるか。
http://www.cinematoday.jp/page/N0073803


押井守監督作『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督
攻殻機動隊 新劇場版』の総監督・キャラクターデザインを務める黄瀬和哉

およそこの三人が攻殻の監督をやってきた。

 

今回のARISEもアニメとしてのメカや動画の動きはすごくいい。さすが 攻殻という印象。過去の作品と比べてもまったく負けてない。

 

各監督の作品を並べて見ると、攻殻というアニメ作品は、監督は変わったけれど、監督の役目が各作品の味付けの役割を担ってはいたけれど、それを支えていたスタッフの作品であって、プロダクションIGの作品であること、があらためて認識できる。プロダクションIGあっての攻殻なんだな。

 

それにしてもどうして声優を変えちゃったんだろう?キャラの印象が変わりすぎだなあ。別に前の声優が悪いわけではなかったのに、作品の新しいイメージを創りたいからといって変える必要性あったのだろうか?

 

草薙素子のキャラデザの変更も違和感ありまくりだなあ。

『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』CHARACTERS

髪型も変わっただけじゃなく、体型もセクシー系から少年のような体型にスケールジェンジだし、表情も少年のようなイメージ。眉毛も太くした?そこまで変える必要あったのか?SACのバージョンの素子が好きだっただけに残念。

 

ARISEの雰囲気やストーリー的には以前からの攻殻を引き継いでいるので、そこらへんは満足かな