アニメ日記

アニメのおもしろさをデータで分析、おもしろくないアニメがどこかを分析して二度楽しむ 単純な感想だけじゃない視点を目指します。基本ネタバレサイトです ツイッター: @kekotaro1

「ファンタジスタドール」を分析してみよう

ファンタジスタドール - Wikipedia 

(監督 斎藤久 設定 遠野明里 構成協力 柿原優子、木村暢 世界考証 鈴木貴昭

について考察してみよう。監督は「そらのおとしもの」や「僕は友達が少ない」の斎藤久さん。この作品一部の人には評価が高かった。

 主に受けていた人たちは、オタク層なのだろうか。しかしDVDディスク売上は振るわなかった。

ファンタジスタドール - アニメDVD・BD売り上げまとめwiki 

DVD売上1K以下という惨敗ぷり。一部のオタク層には受けたものの、DVDディスクを購入するほどおもしろくはなかったということだろう。

もともとはソーシャルゲーム拡販用アニメのようなのでゲームで回収できればよく、DVD売上はあきらめるという制作方針だったのかもしれない。

内容について見てみると、女児向けカードゲームアニメのように見えるがその実は、スタッフがオタク層向けに楽しんで作っているという風にしかみえないフシギな方向性を持っている作品なのだ。注目されていないのはもったいないのでなんとかその魅力や方向性について分析してみよう。

ファンタジスタドールのフシギな世界

このアニメの魅力というかおもしろいところはなんといっても、オープニングやエンディングの作りも脚本もキャラクターも低学年の女児が対象年齢としか思えないような作りというか雰囲気になっているのに、内容のところどころがどうみてもオタク向けとしか思えないような作りになっていてどうにもアンマッチというか不釣合いになっている所だろう。おもしろいとうかおかしい状態になっているといえばいいのだろうか。

だいたい放映時間からして深夜枠で子どもが見ることのできる時間帯ではなかったし、いったいどちらをターゲットに作っていたのかよくわからないアニメなんである。マジメなストーリーかと思わせてギャグみたいな進行となって思わず笑ってしまったりするわけのわからない魅力がある作品なのだ。暗くなったりする物語ではないのだけれど、シリアスなのかギャグなのか不思議なよくわからない感覚の世界のアニメであった。

ファンタジスタドールの持つ魅力とおかしさについてはこちらのブログでの解説がくわしい。

animentary <アニメ批評> 『ファンタジスタドール』 

本来の対象ターゲットは女児でありながら、実はオタクもターゲットにしている戦略というもの、これは近年のプリキュアシリーズもひっそりとやりはじめていることだが、ファンタジスタドールではそれをはっきりと打ち出した作品といえる。この戦略の新しさがこの作品のわけのわからない雰囲気の原因なのだろうか。

物語展開上の問題点など

いろいろとWebで調べてみると、隠れファン?のような人が多いようなのだが、DVDを買うほどでもない、というレベルの人が多いみたいだ。つまりあとひと押しか、ふた押しぐらいでDVD購入数が増えたんじゃないか。もっと物語の構成を工夫したなら面白くなったような気もするので、問題点を出しておこう。次回作を検討する際に役に立つかもしれない。

  • 放映時間が深夜であって女児の見る日曜朝ではなく、真のターゲットの顧客がはっきりしていなかった
  • 脚本・構成が雑すぎる。子供向けでしかない
  • このアニメのシリーズ構成作家がスタッフ表に書いてない。全体を統一する脚本家はいなかったのか?各話ごとにお話が飛び、お話の一貫性がない。「構成協力」の項目があるだけ。。
  • 物語性やアクション性、ギャグ要素などすべて中途半端
  • 感情や自我を持ち成長するドール達の苦悩を描ききれていなかった
  • ドールとマスターの間の契約主従関係はきびしくない。ドール達は自由すぎるため、ゆるい関係しか描けない。ドール達はカード内に閉じ込められているわけではなく出入り自由で制限はないようだ
  • ササラ達の「成長」は描かれなかった?もともとは彼らの成長を促すためにに捨てられたのではなかったか?
  • 主人公ウズメとドールのササラの関係性ってあんまり変わらなかった。ウズメはドールを友達といい、ササラはマスターに反抗しちゃうドールだったけど特に成長しなかった?
  • ラスボス小町の持つ問題や目的が作品のテーマとあってなかった
  • ラスボス小町のラストあたり性格が急に変わりすぎじゃないか
  • ラスボス小町はササラ達を捨てて、その後新しいドールを入手した理由が説明されていたっけ?
  • ササラ達が成長するとソネット復活できる理由って説明されたっけな?
  • 嫌悪感を抱かせるようなネタはないもののいろいろとチグハグすぎる
  • キャラの人数が多すぎて一人の物語を掘り下げていられない
  • ドールはいろいろ着替えることができる設定もあまりお着替えしてなかった
  • ドールのカワイイが売りのアニメでコスプレ回が無いとはなぜなんだ?
  • バトルに真剣さが足りず、ギャグにしかなってない。笑いしか取れない、ネタアニメ・バカアニメにしかなってない。バトルシーンは迫力まったくなし。
  • カードバトルの意味がない。ルールも不明確。負けても問題は起きないのか
  • ネタに走りすぎて本来のストーリーのテーマがボケてないか
  • 必殺技にドラムロールが欠かせなかったりするのはなぜなんだ?
  • ツッコミどころが多すぎる
  • ギャグアニメではないのに笑えるって何?シュールさで笑えたけど
  • シリアス部分が活きていない。
  • ラフレシアの君がシリアスではなくギャグ。途中まで何の目的でいたのかよくわからない。
  • ドールの有効範囲の設定があったはずだけど、時々忘れられてなかったかな
  • 大人向けを考えるならまじめにやらないと、子ども向けにしかなってない
  • 子供向けかというと微妙に子どもが見てもわからないので中途半端になっているか