アニメ日記

アニメのおもしろさをデータで分析、おもしろくないアニメがどこかを分析して二度楽しむ 単純な感想だけじゃない視点を目指します。基本ネタバレサイトです ツイッター: @kekotaro1

「イヴの時間」を分析する

イヴの時間 - Wikipedia 

吉浦康裕 演出、原作、脚本、監督

吉浦 康裕氏は芸術工学部出身なのか

イヴの時間」は同一作者の

ペイル・コクーン - Wikipedia の「水のコトバ」の部分を膨らませて作品としたアニメ。作者は喫茶店が好きらしい。

評判

イヴの時間[アニメ]: 感想(評価/レビュー)

アニメ総合点 =平均点x評価数781位4,500作品中総合点32 / 偏差値51.91

アニメ平均点927位2,310作品中平均点1.03=良い/31評価

2008年アニメ総合点28位195作品中

結構高い評価。

【73.2点】イヴの時間 劇場版(アニメ映画)ってどうですか?【あにこれβ】

総合得点 第253位  レビュー 673件 棚 3029人

ここではかなりの高評価

しかし大勢の注目を集めたせいか、それなりに注文もついている。

良い点:感動。楽しい。優しい雰囲気。泣ける。ハートフル。絵はキレイ。

悪い点:消化不足のストーリー。もっと突っ込んだ展開も必要では。

カメラワークに疑問。ロボットの心理描写が表現不足。説明不足。伏線未回収

SFファンからしたら不満な設定、不完全設定。ロボットになぜ心があるのか説明なし。

ワシ的総合評価

アニメとしてはおもしろいがSFとしては設定の勉強不足に脚本のツメが甘い。

SFファンにはいろいろと突っ込まれる内容だ。お話の最初の方の会話のテンポが

おかしかったりとまだまだアニメ制作になれていない所が見て取れたが、基本はよくできたアニメだと思う