アニメ日記

アニメのおもしろさをデータで分析、おもしろくないアニメがどこかを分析して二度楽しむ 単純な感想だけじゃない視点を目指します。基本ネタバレサイトです ツイッター: @kekotaro1

「とある飛空士への恋歌」 空戦が印象に残りはしたが、、

とある飛空士への恋歌 | 2014年1月6日(月)22時よりTOKYO MXほかにて放送予定!

とある飛空士への恋歌 - Wikipedia 

原作 犬村小六

監督 鈴木利正 - Wikipedia

シリーズ構成 猪爪慎一 - Wikipedia

脚本猪爪慎一、吉田玲子、兵頭一歩、鈴木貴昭

脚本には吉田玲子さんも参加している。キャラがかわいいし、空戦はあるし、で期待度が高かったが全体の構成脚本で不満があり、裏切り度が高いため取り上げる。

 

 批評サイトの評判

作品DB http://sakuhindb.com/janime/7_Toaru_20hikuushi_20e_20no_20koiuta/ 

アニメ総合点 =平均点x評価数3,965位4,468作品中総合点-6 / 偏差値46.33

2014年アニメ総合点38位47作品中

【58.5点】とある飛空士への恋歌(テレビアニメ)ってどうですか?【あにこれβ】

総合得点第2193位 レビュー192件 棚1493人

レビュー数が多く期待度が高かったが、評価値が低い。

良い点:お話の設定が魅力的。

悪い点:前半のお話に起伏がない。空戦の武器などにリアリティがない。回収されない伏線が多すぎ。世界観がわけわからず説明なし。

 

ワシ的感想

これもやはり、作画には力が入っていてキャラデザとかいいのに、脚本や構成で失敗している例。お話の構成とか世界観の説明が欠落しててわけわからなくなっている。もったいない。空戦とか迫力あったのにリアリティのつめが足りない。お話をつめこみすぎたのではないか