アニメ日記

アニメのおもしろさをデータで分析、おもしろくないアニメがどこかを分析して二度楽しむ 単純な感想だけじゃない視点を目指します。基本ネタバレサイトです ツイッター: @kekotaro1

若者がどんどん減っていくとどうなる?

少子化はどんどん進行している。若者が少なくなっていくそうだ。

http://若年世代の人口推移(1980年~2030年) 

あと十年も立てば、1980年あたりの18歳以下の人数と比べて半分ぐらいになる。

そうすると何が起こるか?

たとえば学校やら大学がつぶれていく

探偵ファイル〜スパイ日記〜/『2018年、生き残る大学と滅ぶ大学』岡田斗司夫/岡田斗司夫 

大学が潰れてていくだけなら、無関係の人も多い。アニメ業界の場合は?

若者が少なくなれば、それだけ視聴する子どもの数も減りグッズその他も売れる数は減るだろう。

アニメの作り方は、いよいよ子ども向けからオトナ向けにシフトしていくことになる。もう今だって十分大人向け(大人子ども?)になっているじゃないかと、ツッコミもいれたくなるが、これからいよいよ年齢層の高い部分に焦点をあわせた作品作りになっていくんじゃなかろうか?

たとえばシルバー世代向けアニメだって作られるかもしれない。思えば、ジ◯リはその尖兵なのかも。。

アニメ業界に入っていく人も減るだろうから、いよいよ新人が育たなくなるんじゃ?

今でさえ、新人が育たないと言われているが、18歳人口が減れば、当然入門する人も減るだろうから、アニメ業界に残って働く人も減るだろう。

アニメ業界はいよいよ高齢化して、みんな長く働かないといけなくなるのではないか?

他の産業だって労働人口が減るわけだから、働く人は長く働いたり、年齢が上の方まで働かないと足りなくなる状況になっていくだろうから、アニメ業界も同じだろうとは思うんだが。

ある意味、仕事の取り合いが減っていい部分もあるかもしれないが、あんまりリタイアして悠々自適ってことにはならないような予感がするなあ

 さてアニメ業界はどうして破綻しない? 

アニメーターとお金の話 - Linkis.com 

では何故アニメ業界は破綻しないのか?

他の業種では考えられないほどの人材の供給(過多)がアニメ業界を支えているといっていいかもしれません。

声優をも含めると毎年一万人以上もの人間がアニメ業界の門を叩き、安い賃金、長い拘束時間、無休の末殆どの人が去っていきます。ほんと超勿体ない。

アニメ業界は頭のよい者から辞めていくなんてとんでもない皮肉です。でも優秀な人、本当に去りますからね・・・。

本当ならとっくに破綻している状態。穴の開いたバケツ火消しているようなものですよ。

早い話、辞める人が多いものの、入ってくる人も多いので、わずかな人数でも残って活躍する人がいればいい。という状態だった。

この状態が、少子化が進行しても続けられるのだろうか?

 

ちょっと気になるアクション映像

http://sakuhindb.com/pj/bit/20150624.html#7_2015_2F06_2F25_2021_3A46_3A44 

ここで教えてもらった映像集について調べてみる。

 

Armored Core for Answer」(2008) 

これはアーマード・コア・フォーアンサーというゲームのオープニング映像

アーマード・コア フォーアンサー - Wikipedia

Armored Core for Answer オープニングムービー - YouTube 

オープニング映像の完全版もメカがすごい。

ARMORED CORE for Answer PV完全版 - YouTube

しかし、本作はゲーム用映像なので、このPVをどこのスタジオが作ったかよくわからない。

FREEDOM-PROJECT (2007)

FREEDOM-PROJECT - Wikipedia

http://freedom-project.jp/

監督 森田修平
シリーズ構成 佐藤大千葉克彦
キャラクターデザイン 大友克洋、桟敷大祐、入江篤
メカニックデザイン 大友克洋、末武康光
アニメーション制作 サンライズ

日清食品とコラボのCMとして制作された フリーダム、なつかしいなあ。

人物の動きがカクカクしてたのを覚えている。あの頃に比べてずいぶんCGもよくなった。

マクロスゼロ」(2002)

マクロス ゼロ - Wikipedia

原作 河森正治
監督 河森正治
キャラクターデザイン 齋籐卓也
メカニックデザイン 石垣純哉宮武一貴河森正治
アニメーション制作 サテライト

本作はマクロスシリーズでは初めて全面的に3DCGを導入した。

本シリーズの代名詞である「板野サーカス」をCGで再現するため、板野一郎自身が特技監督としてモーション監修を行い、3DCGでは軽く見えがちなメカアクションの演出を指導した。戦闘機の3DCGは、アニメーションがキーフレーム間を自動補間するのではなく、通常のアニメと同じように全てのモーションを手打するという手法をとっている。

メカというよりはミサイルなどの「動き」がダイナミックに表現されている所がみどころか

RWBY (2013)

RWBY "Black" Trailer - YouTube

RWBYとは (ルビーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

制作スタジオ Rooster Teeth Productions, LLC

Rooster Teeth - Wikipedia, the free encyclopedia 

RWBYのメインアニメーター、モンディオウム氏が2015年2月1日に死去していた

【訃報】3DCGウェブアニメ「RWBY」のトップクリエイター、モンティ・オウム氏が死去 - GIGAZINE 

このCGもまだ人物の動きが少しカクカクしている時もあるかな。だいたいなめらかに動いているようだけど。

シドニアの騎士 (2014-)

「劇場版 シドニアの騎士」本編映像 「継衛」出撃シーン独占公開 #KNIGHTS OF SIDONIA #Japanese Anime - YouTube

シドニアの騎士 - Wikipedia 

原作 弐瓶勉
監督 静野孔文(第1期)
瀬下寛之(第2期)
シリーズ構成 村井さだゆき
キャラクターデザイン 森山佑樹
音楽 朝倉紀行
アニメーション制作 ポリゴン・ピクチュアズ

アニメ制作の

ポリゴン・ピクチュアズ - Wikipedia 

はマレーシアの会社と合弁して作っているのね。

人物の動きは第一期では少しカクカクしていた印象で、人物の表情が固かったが、第二期になって、動きはなめらかに表情はかなりがんばって豊かに描いていると思う。

 

上のどの映像が優れているとか順番を付けるのは難しい。ストーリー的にはシドニアが気に入っているかな。

ここでメカについて比較するのは、フェアではないな。CM用とゲーム用ではまるで製作期間も費用も違う。TVアニメと比較なんてできない。

聖地巡礼を成功させるには

 

第350回 (2015年5月20日) のら犬ブラザースのアニメ!ギョーカイ時事放談 

www.youtube.com

2015/05/20 に公開
≪ゲスト≫
ソニー企業(株) 「舞台めぐり」チーム プロジェクトマネージャー
安彦剛志さん

内容:

「舞台めぐり」とは?アニメなど聖地巡礼アプリを作っている。

アニメの聖地巡礼について語り合う。

ガルパンと大洗は大成功例だった。

聖地巡礼はどのようにすると成功するのか?

イベントは一回だけやったではだめ。継続しないと意味が無い。

聖地を作るにはどうするのか?などなど

アニメの資金調達についての基本

ちょこっとアニメの資金調達について考えるのに良い記事

【アニメの経済学】 制作委員会方式 とは? (あにぶ編集部/リンドウ)

簡単にまとめてみると

 

「昔のアニメの利益の出し方」は

「みなさんが小さいときに見ていたアニメや、今でも小さいお子さん向け(かつ大きなお友達向け)のアニメの場合、簡単にいうとアニメは30分のおもちゃのPV」

古き時代にはおもちゃの会社がスポンサーとなり、PVとしてアニメが機能し、おもちゃが売れることで成立するビジネスモデルだった。

「今のアニメの利益の出し方」は

「「製作委員会方式」です。簡単にいうと、複数の会社が出資してアニメの製作費用をねん出して、儲けは山分けするということです。1社当たりのリスクが減るので、複数の出資者が見つかればアニメが作りやすくなります」

と簡単になっているけど、今はこれが主流。

>製作委員会が利益を上げるためには、単純にいうとアニメのBD/DVDが売れるか、

アニメのキャラクターCDが売れるか、アニメのゲームが売れるか、公式の関連グッズが売れるかどれかになります

 

今のアニメのビジネスモデルではブルーレイやDVDディスクの売上枚数が注目されるけれど、音楽CDや公式グッスなどもビジネスモデルに関係している。

>一方で、特にこの方式で作られたオリジナルアニメの場合、BD/DVDが売れないと、資金を回収する手段がまったくない

 

つまり現状の制作委員会方式にもデメリットというかリスクがあって、それなりに難しい点がある。ディスクの売上が見込めるのかどうか、投機というかバクチ的な部分があることは否めない。

製作委員会方式に関してはもう少し掘り下げておこう。

まずはWiki

製作委員会方式 - Wikipedia 

>そこで最近では「特別目的会社」(SPC)や「有限責任事業組合」(LLP)を利用して、作品を製作するための会社を設立することも行われている

うーん、出資会社て今は無限責任を負っているのか。特別目的会社ってことは、専用の会社を作ったりしはじめているのね。

 

「バクチを打てる人間がいなくなった......」アニメの製作委員会方式はもう限界なのか- 記事詳細|Infoseekニュース (取材・文=昼間たかし

>「リスクを最大限回避する」ために、冒険的な作品が生まれにくくなっている

「リスクを最大限回避する」ために、冒険的な作品が生まれにくくなっている、、、

 

「もうアニメは製作委員会方式はやめて、自社製作を中心に据えるほうがよいのではないでしょうか。例えば、劇場用アニメを製作するなら2億円もあれば多いほうです。あえて製作委員会方式を使うメリットが感じられません。かつて、バンダイは『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(1987年)時に、ガイナックスに好きに作らせました。結果、赤字になってしまいましたが、ガイナックスは『トップをねらえ!』などを制作して完済しました。ある程度資本力のある企業であれば、作品が一つコケても、ほかがヒットすれば埋め合わせができるはずです」

と、ある製作会社のプロデューサーは話すが、はたしていまのアニメ業界にそんな大バクチをやろうと立ち上がる人材はいるだろうか? いま求められているのは、昭和の時代にいたような剛腕なプロデューサーと出資者だろう。それは、アニメから実写まで同じなのだが。

こちらの記事では

アニメの製作委員会に見る「お金×リスク×作り手」の微妙な関係 | ハーバービジネスオンライン <取材・文/石田恒二>

風の谷のナウシカ製作委員会方式の先駆けだったのか。やっぱりすごい、宮崎駿。いやこの場合はプロデューサーがすごかったのかな?

他方、新たな動きもある。昨今話題のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、制作チームが新作アニメの制作資金を公募するケースも目立ってきた。例えば『Under the Dog』プロデューサーの小笠原さんはユーザーに出資を呼びかける動画内で、アニメの製作委員会が面白いものより売れるものを目指す傾向について危惧する。そのためKickstarterで資金を集め、自分たちが純粋に面白いと思うものを作りたいと語る。

ようやく、クラウドファンディングへとお話をつなげられた。

製作委員会方式が現状では主流ではあるものの、アニメ制作はこのままでは、企画が売れそうなものばかりになってリスクが取れなくなってきている。もっとおもしろい作品を作っていくためにはリスクを取れるようなビジネスモデルが必要とされているということなのだな。

「良い作品を作ろう!」主義がもたらす弊害――日本のアニメはブラック業界 - くみかおる / 著述・翻訳家

なぜ若者は遣い潰されるのか――日本のアニメはブラック業界
くみかおる / 著述・翻訳家
 

「アニメーション製作者実態調査書」

http://www.janica.jp/survey/survey2015Report.pdf 

 

に引き続くアニメ業界労働者状況の分析稿

 

「良い作品を作ろう!」主義がもたらす弊害――日本のアニメはブラック業界 - くみかおる / 著述・翻訳家

内容は段落だけ抜き出してみるだけでも内容がわかるかな?

  • 労働組合についての誤解
  • アニメの世界にも労働組合はあった
  • 今は東映アニメの組合のみ
  • 日本のアニメはブラック雇用の偉大な先駆けだった
  • 駆け込み寺としての組合ならある
  • 俺たちあたしたちの生活を守れ!
  • 日本だと「良い作品を作ろう!」と謳ってしまうのは
  • 「良い作品を作ろう!」主義がやがてアニメーションに伝播した
  • 虫プロの倒産こそが日本の商業アニメの始まりだった
  • 詳しくは拙論をどうぞ
  • ジャニカという団体について
  • ジャニカというアニメ労働者組織について
  • 新人育成計画「アニメミライ」の顛末
  • 自衛隊が「軍」ではないように
  • 日本の特異な雇用システムがアニメ労働者を追い詰めた
  • 結び・「ダダをこねるない いいかげんにしろっ」(ブラックジャック

日本アニメ界の労働環境の歴史と現状、そして問題点が見事に述べられている。長いけど読む価値があるんじゃなかろうか。

アニメを楽しむ立場からしても、労働者という立場なら同じだったりするはず。経営者だって考えないといけない労働環境について。アニメだけのお話でもないんですよね。

攻殻機動隊 ARISE について

攻殻機動隊 ARISEについて。攻殻はそんなにくわしくないんだけど、映画は見たかな?

今季のARISEは以前のバージョンと声優がみんな変わっちゃうし、草薙素子のキャラデザが変わっちゃて違和感あるね。

攻殻にはいろいろなバージョンがあって監督も数人いるか。
http://www.cinematoday.jp/page/N0073803


押井守監督作『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督
攻殻機動隊 新劇場版』の総監督・キャラクターデザインを務める黄瀬和哉

およそこの三人が攻殻の監督をやってきた。

 

今回のARISEもアニメとしてのメカや動画の動きはすごくいい。さすが 攻殻という印象。過去の作品と比べてもまったく負けてない。

 

各監督の作品を並べて見ると、攻殻というアニメ作品は、監督は変わったけれど、監督の役目が各作品の味付けの役割を担ってはいたけれど、それを支えていたスタッフの作品であって、プロダクションIGの作品であること、があらためて認識できる。プロダクションIGあっての攻殻なんだな。

 

それにしてもどうして声優を変えちゃったんだろう?キャラの印象が変わりすぎだなあ。別に前の声優が悪いわけではなかったのに、作品の新しいイメージを創りたいからといって変える必要性あったのだろうか?

 

草薙素子のキャラデザの変更も違和感ありまくりだなあ。

『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』CHARACTERS

髪型も変わっただけじゃなく、体型もセクシー系から少年のような体型にスケールジェンジだし、表情も少年のようなイメージ。眉毛も太くした?そこまで変える必要あったのか?SACのバージョンの素子が好きだっただけに残念。

 

ARISEの雰囲気やストーリー的には以前からの攻殻を引き継いでいるので、そこらへんは満足かな

 

クラウドファンディングでのアニメ制作

アニメの世界での資金調達方式としてのクラウドファンディングが使われだしている。

 

この世界の片隅に

片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ) 

あの「ブラックラグーン」の監督をつとめた片渕須直氏による新作劇場アニメ。

3600万円以上の資金を集め、劇場公開も決定した。

 

新作人形アニメ「ちえりとチェリー」

「チェブラーシカ」の監督による新作人形アニメ「ちえりとチェリー」を応援しよう! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ) 

こちらは日本ではめずらしい人形アニメの制作。監督は「チェブラーシカ」を作った中村誠

本日(2015年6月4日)の時点で目標500万円に対し150万円程度あつまっている。

リトルウィッチアカデミア」の続編

クラウドファンディングで資金調達したアニメ「リトルウィッチアカデミア」の続編 2015年に公開決定 - ねとらぼ

トリガーのリトルウィッチアカデミアの続編。約7400万円が集まって2015年に劇場公開決定。

こちらはクラウドファンディングサイトとしては有名な「Kickstarter」での資金調達。

 

このような資金調達方式が一般化したら、かなり偏った企画が多いと思われる日本のアニメも変わっていくかもしれない。

 

劇場公開する方式も、一般の映画のような封切り方式だとコストがかかるので、ある程度確実にファンに見てもらえるようにするための工夫が必要だろう。たとえばネット公開も併用するとかDVDディスク頒布方式にするとか。